個人釣行記

新入会員の田〇さんから個人釣行記を寄稿いただきました。

日本海 久美浜釣行記

残暑と言うには少し早い 8月31日
京都久美浜 西中渡船さんにお世話になって来ました。

先週はこの地で全国チヌかかり釣り大会が行われ、有名人の方々がチヌを釣りまくった様です。

嵐が去った静けさとでも言いましょうか?
今日の釣り人は私を含めて常連さんと2人でした。

自分なりの予想では、釣られすぎてもうチヌは居ない。
又は、撒き餌の飼い付け効果でチヌが更に寄って来ている!

このどちらか?と考えました。

まあ、いつもボーズですので
気負いもなく2~3枚釣れれば御の字ぐらいの気持ちでスタートしました。

船中で常連の方に少々アドバイスを頂きモーニングは2~3投で当たりが無かったら直ぐに団子に切り替えた方が良いとの事なので、教えの通り進めて行きます。

餌取りが多くコノシロのスレあたりも強烈でチヌの当たりを取るのに苦労しながら、6時40分に最初の一枚が来ました。

45センチとこの時期にしては満足の行くサイズで今日はボーズ無しとなり、いいスタートが切れました。

10時の渡船屋さんの見回り迄に10枚釣ることが出来ましたが、この辺から少しチヌが来なくなり、 小休止です。

西中渡船さんはとても気さくな船頭さんで、見回りの時に、餌の事や地合いなど丁寧にアドバイスして下さいました。

12時頃に食事をしようと置き竿に丸貝のデカいのを付け、少し投げてノーシンカーで沈めて行きますと何故か水深5メーターと浅いのに中々着底せずハリスが走って行きます。
慌てて合わせますとかなりの引き、上がって来たのは46センチの立派なチヌでした。 しかし、針は唇一枚でもう一回突っ込まれたらバレていたかも知れませんでした。この頃から、曇りから晴れに変わり容赦なく太陽が照つけて来ました。ぶっちゃんさんにLINEでパラソル立ての作り方を伝授して頂きましたので 次回は対策していく様にしたいと思います。

松〇副会長さんからも、 水深がない釣り場ではチヌは横走りするので強力な仕掛けで力勝負する様にとのアドバイスをいただきました。

16時のお迎え迄ラスト2時間となり、 餌取り対策として、 アケミ半貝の上にもう一個砕いたアケミを乗せ 団子に包み強く10回ほど握り静かに投入していきます。作戦通り餌取りのアイゴは上に乗ったアケミを突っついています。その時間差攻撃でチヌが入って来る間が出来ました。 ここからアケミとサナギのローテーションで連掛けが続き、2.5号のハリスが2回ブチ切られ更に強烈な引きがあり後ろの牡蠣棚に潜られるなど、 どんくさい自分に情けなさを感じながらラスト一投で53センチの年無しをゲット出来ました。

結果、陸に上がって数えて見ますと、
53センチ、49センチ、46センチが各1枚、 45センチ4枚、43センチ2枚
・40センチオーバーが計9枚
・25センチ~38センチが計16枚
*総匹計 25枚でした。

今日は私の短いチヌ釣り経験の中で一番の釣果となり
阪神チヌ研さんに入会して本当に良かっと感じた1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

9月月例会